2000万円台の安くてハイスペックな家

2018年に誕生したナチュリスト緑苑坂のコンセプトハウス「PLUS+の家」。ママ目線で暮らしが快適になるをコンセプトに登場したシリーズです。PLUS+の家シリーズから高性能の住宅設備を搭載した新築一戸建てのご紹介です。

ナチュリスト緑苑坂は土地価格が安いというメリットがあります。ですので家の設備にかけるお金、また、趣味など自分の嗜好のためにお金を使うことができます。60坪もある土地に家を建てて2000万円台からの家づくりが可能です。さっそくPLUS+の家をご紹介していきましょう。

スタイリッシュなLDK空間


約20帖のLDKスペースは、白をメインのカラーとした内装です。収納と効率を追求したPLUSの家には大型のカップボードが備え付きなので、キッチンの収納はバッチリ、カウンターキッチンからリビングまでがストレートのタイプの間取りが広さを感じさせてくれます。ダイニングテーブルとリビングのは内装カラーに併せてスタイリッシュなデザインです。リビングにはデフォルトでテレビボードが備え付けられているので、こちらもテレビの他、ブルーレイ、ゲームなどを収納して置ける空間が最初からある点が家族に喜ばれるポイントです。

さらにLDKに一工夫をこらし、リビングの一部空間を利用し約3帖の書斎を設けました。

窓の外を見るとLDKに並行する形で庭が広がっています。

男性にも喜ばれる隠れ家書斎コーナー

書斎コーナーにも大きな収納棚があるので、パパが仕事で使う書斎としても広さは十分です。

ナチュリスト緑苑坂のなかでは20帖のLDKはスタンダードか少し小さめのサイズですが、1階部分にLDKの続きで書斎があったり、また和室も6帖あるので、フレキシブルに使える間取りとなっています。

そして、備え付けの設備も通常の一戸建てではないお家もありますので、カップボードやテレビボード、書斎のデスクなどはあらかじめ設置されているところが経済的にも大きなポイントになるでしょう。


2階の各部屋にも大きなクローゼットを設置

ナチュリスト緑苑坂で建てる家の2階部分は3部屋とトイレもある間取りがスタンダード。トイレがあってもいずれの部屋も6帖を越える広さ。そしてバルコニーも十分に広さがあるので、洗濯を干すのにも余裕の広さがあります。60坪という敷地の広さは本当にストレスなく過ごせる広さで、30坪のお家でも同じような間取りを作ろうと思うと、どこかにしわ寄せがきてしまいます。

毎日使うスペースだからママにも余裕をもって家事をしてほしいという狙いを実現できるのがPLUS+の家です。

また、2階と1階を結ぶ階段の踏面も1面1面が広いので安全です。

ママの理想の暮らしを叶えるPLUS+の家、広いお家で伸び伸びと子育てを楽しみたいご家族様には、きっと気に入っていただけると思います。緑に囲まれた、閑静な立地のナチュリスト緑苑坂、ぜひ一度ご来場いただき街並みや雰囲気を体感ください。

ギャラリー

お問い合わせ

0120-884-904


Copy right ナチュリスト緑苑坂 All rights reserved ®