ナチュリスト緑苑坂から城陽のアウトレットへのアクセスシミュレーション

2024年春に城陽にアウトレットモールができる計画があります。名称は「(仮称)京都城陽プレミアム・アウトレット計画」となっていますね。

アウトレットモールができると、城陽の皆さんを始め、宇治田原町、宇治市、その他の近隣の地域の皆様にとってもお買い物を楽しめるコンテンツになります。

さて本日は、ちょっと気が早いですが、そのアウトレットモールまでナチュリスト緑苑坂からどのようなアクセスになるのかを、完成予定のバイパス道路を使って経路を見ていくことにしましょう。

ナチュリスト緑苑坂からアウトレットモールまでの経路

ちなみに今現在のルートでアウトレットモール建設の予定地迄経路を出してみると車でおおよそ24分となっております。国道307号線を使って青谷を抜けてアクセスするルートです。

そのルートが現在開通予定の「宇治田原山手線」と「東部丘陵線」の2本のバイパスが完成することで大幅にショートカットすることができます。

右側の「緑苑坂」がナチュリスト緑苑坂です。宇治田原小学校から宇治田原山手線に入り、すでに完成している府道62号線のバイパスを経由して、銘城台にでます。ここが宇治田原インターチェンジのすぐそばになります。そこから東部丘陵線を通りアウトレットモールへ行くことができます。

宇治田原インターチェンジ付近の東部丘陵線とは?

城陽市発表の資料を拝見しますと、上の資料の右側に宇治田原インターチェンジが確認できます。そのすぐ下に赤色の道路が確認できます。これが「東部丘陵線」となります。宇治田原インターチェンジから城陽JCTに続く模様です。そしてその途中の赤色の図形がアウトレットモールとなります。

さらにアウトレットモール付近をフォーカスしますと上の図のようになります。アウトレットモールは城陽カントリー倶楽部と陸上自衛隊長池演習場の南側になりますね。さらに黄色の字で「城陽スマートIC」の文字が見えます。これは新名神高速道路から木津川方面へ伸びるインターチェンジができるんですね。

ということは高速道路からアウトレットへ来るお客さんはこのインターチェンジで降りるということでしょうか。

冒頭で述べましたようにアウトレットモールは2024年春頃の開業予定で、東部丘陵線途中の青谷エリアは同時期に物流拠点となる模様です。

ますますインフラが整備されて城陽市から宇治田原町近辺までが数年で大きく変わっていきます。すでに完成済みの道路もあり、それらがどのように新しい道路につながっていくのかが楽しみです。また、ナチュリスト緑苑坂から三重県四日市市、兵庫県神戸市へのアクセスも更に簡単になり、ナチュリスト緑苑坂にお住いの皆さんの利便性も向上しますね!

 

これからお家を買おうとお考えの皆様、ぜひアクセス面でも大注目の宇治田原町ナチュリスト緑苑坂へ是非お越しくださいませ。

もうすぐ新築一戸建て2棟の内覧も可能になりますよ!

お問い合わせ・見学・ご相談はコチラをクリック!

宇治・城陽・京田辺の近くの573区画の街宇治田原町のナチュリスト緑苑坂

駐車場2台で庭付きの新築一戸建てがリーズナブルな価格で建てられます!

家自体が遊園地!大自然の中ででっかく暮らそう!!

現地見学随時受付中

0120-884-904